toriibara.com

アクセスカウンタ

zoom RSS Ref

<<   作成日時 : 2006/04/21 02:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


・・・・この世の中、大騒ぎするようなこたぁ何もねぇんだ・・・・


==========================================================
==========================================================
==========================================================


2004 晩夏。
近所にハーフの女の子がいる。
お父さんはニュージャージー出身。お母さんは三重県出身。
毎年夏になると1ヶ月間フルに、ニュージャージを起点にアメリカ中、またまた、ヨーロッパじゅうを旅行する。
女の子はもちろん英語ペラペラ。
そして、僕はたまにお父さんとも話をするのだが、この夏はニュージャージーから一気にドイツ、ハンガリーを廻ってきたそうだ。
レンタカーで、友人の家を廻ったと言っている。
アウトバーンを180kmで10時間・・・うううう、日本とはスケールがちがう。
「・・・ メーツェデース・・・・」
聞き取れなかった・・・「メルセデス」のことだと気づくまで数十秒・・・
ん〜〜〜〜やはり英語、ペラペラ話せるようになりてぇ。
んでもってスケールでかいとこ行きてぇ・・・。

僕には娘と息子がいる。
このとき娘 小学校6年、息子小学3年。


父 「再来年は2週間くらい長期休暇とれるから、家族で、アメリカいくか?」

アメリカ・・という発想が短絡的。しかし、まずは「英語圏」が前提だ。

妻 「ん〜、外国は行きたくないなぁ。」
息 「おらも行きたくない。」
   (アニメの影響で男の子は自分のことを"おら”と言う)
娘 「・・・・・・」
父 「んじゃや、娘と二人だけでいっていい? アメリカ、 ロスなんかいいなぁ。」
娘 「・・・・・・」
父 「英語の勉強でさ!アメリカいこうよ。」
娘 「・・・・う〜ん・・・・・」

イマ1つ乗り気ではない。


==========================================================

遡って  1998年nn月

「リフレッシュ休暇の制定について・・」という社内規定ができた。
勤続15年に達したとき約2週間の連続休暇が取得可能となった。

この先、そんなに長くこの会社に勤務しているだろうか・・。

今ひとつピンとこない。。

だけど、もし2週間休みがあったら・・・

僕には娘と息子がいて、勤続15年を迎えるころには、娘は・・13歳。中学2年。

北海道を家族で放浪するか、それとも四国のお遍路さんのように巡礼の旅に出るか。。
海外というテもあるが・・・さてどうだろう。。

当時はバブル末期。円高。みんなここぞって、海外旅行へでかける。
香港、バリ、オーストラリア、ロス、ニューヨーク、南フランス、インド。。。
そんな中にあって、僕は、海外経験ゼロ。。

英語は超初心者レベル。 将来中学2年の娘の前でカッコわるい姿は見せられない。。。
ま、国内の某所で、放浪しつつ、人生について考えたりするんだろうな・・・。



==========================================================



1999年
もりリフレッシュ休暇取れたら、将来軽井沢にログハウスを建てるための、短期スクールなんかどうだろうか・・・?



==========================================================



2001年
英語の超短期留学・・・ホームステイなんかどうだろうか・・・・?
僕の弟曰く

「金はなんとか節約とかして貯めることはできるだろ。
 だけど連続休暇ってさぁ、金出しても、なかなかとれないぜ。
 やりたいことやったほうがいい。」



==========================================================



2002年
やっぱ海外だよな。
○○さんも、○○さんもみんな海外行ったようだし。




==========================================================



2005 盛夏。
娘は中学1年、息子は小学4年。

夏に毎年訪れる下田。
ビーチ、岩場のシュノーケリング、温泉、そして堤防からのフィッシング。
9ftロッドに10lbラインで、ルアーを堤防から思い切りキャストするのだ。
カンパチ、イナダ、ワカシ、ソーダカツオ、サバ・・・
ヒットの感触が忘れられない。

やはり、南の島で釣り三昧か!
娘の英語の実践経験にもなりゃ一石二鳥だ。

父 「来年はみんなで、カリフォルニアに行こう!」

・・あれ・・ロスじゃなかったのか?

娘 「いつ」
父 「夏休み」
娘 「ムリ。」
父 「なんでぇ?」
娘 「部活があるから」
父 「なんだと! そんなモノ休んじまえ!」
妻 「なんかねぇ、夏休みは2年生が中心になるから、来年は休めないみたいよ。先生が言ってたもん」
父 「しるか!こっちは、長年かかってやっとてれるようになった、長ーい休みなんだぞ!
   顧問にかけあってやる!」
妻 「やっぱりさぁ、それぞれ立場があるから、休めないよね?」
娘 「うん。部活のが楽しい。」
父 「じゃ、息子と行こう!どうだ?」
息子 「やだ。おら広島行きてぇ」
    (このころTVで、原爆のドラマをやっており、息子は広島に行ってみたいという欲求に駆られていた)

オヤジ撃沈。。




妻「1人でも行ってくるんでしょ?」

行くのだ、ぜったい。1人でも。。借金しても!!

南の島で、ジャイアント・トレバリーか?ホームステイか?スクールか?
アドベンチャーか?

妻は、ボクの決意にほぼ諦め状態。
ことあるごとに

「来年は"世界進出"するからな!!」

と、意思の固さをアピール。




2006



パスポートだけは早めにとっておこう。。そう思っていたが、なにやら3月から「ICカード式」に
なるらしい。ソレまでは待つか。

総務から1通のメールが来た。
「勤続15年につき、リフレッシュ休暇の取得が可能です・・」


弟の言葉がよぎる。
「連続休暇ってさぁ、金出しても、なかなかとれないぜ。
 やりたいことやったほうがいい。」


やりたいこと。。。
「釣り」だ。
海・・川・・湖・・・・
きっと、南の海はそのうち家族で行くだろう。フィッシングはモチロンだがシュノーケリングやビーチなら、家族で行ってみんなが楽しめる。

1人で行く、そして長年の憧れ・・
・・・・ロシア、タイメン ・・・・ いやいや・・・英語圏だ。


アラスカ、カナダだ!!!。。
写真で見る限りはすばらしい光景。しかし、もし家族で行ったら、大ブーイングの「蚊」。。
絶えられるのはボクだけだろ。
そして、いつの日か軽井沢でコトを おっ始める時には、見聞きしたものが役に立つだろう、北米のシチュエーション。
TVでもお馴染みの、キナイ、コディアック。。。
ローブッシュの草原を流れるチョークストリームで、コーホ、スティールヘッド、キングをキャッチするのだ!
目指せ!北米!!!!

1人で行くという方針になってからは、子どもの夏休みに合わせる必要もなくなった。
9月に決行だ!


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
Ref toriibara.com/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる